話題と雑記

橋本良平(はしもとりょうへい)さんが野球を辞めた真相【消えた天才】

2019年2月10日


橋本良平さん前田健太さん15年ぶりにキャッチボール!

2019年2月10日放送された番組消えた天才には、あの前田健太さんと中学時代にバッテリーを組んだ橋本良平さんが登場しました。

 

ゴリ丸
でもちょっとまって!橋本良平さんの

・野球を離れた真相は?
戦力外通告があったって本当?
・ご結婚は?奥さんは?
パナソニックの後は?

 

そんな気になる橋本良平さんの今と野球をはなれた真相についてせまっていきましょう。

 

ちなみに、前田健太さんのライバル1位の水野永吉さんの会社シクミーズは料理ができるレストラン「Home Cooking Japan」はこちらの記事にまとめました。

no image
水野永吉さんの会社シクミーズは料理ができるレストラン「Home Cooking Japan」

続きを見る

 

なかなか興味深い内容でした。

 

橋本良平(はしもとりょうへい)が野球を辞めた真相【消えた天才】

 

まずは 橋本良平さんの現在の簡単なプロフィールはこちら。

 


橋本良平

名前:橋本良平

読み:はしもと りょうへい

生年月日:1988年9月28日

年齢:30歳(現在)

中学:大阪市立瓜破西中学

高校:智辯和歌山高校

 

そして、橋本良平さんは小学校時代からその実力は発揮していくんですね。

 

橋本良平さんの小学、中学校時代の略歴

 

ゴリ丸
お金が稼げる、野球がしたい!

 

橋本良平さんはもともと空手をやり大会優勝の経験もありましたが、そんな理由から野球を志すことになったんですね。

 

中学時代から急速にその実力は発揮されて、日本代表としてブラジルに遠征することになるんです!

小学4年時にボーイズリーグ「八尾フレンド」に入り、6年時には春・夏の全国大会を連覇。大阪市立瓜破西中学校3年時にも全国大会を制覇し、日本代表の4番としてブラジルに遠征した。中学の2年先輩には後にプロでチームメイトとなる大橋雅法がいた。

小学4年生の大阪八尾ボーイズに入団、この大阪八尾ボーイズは元巨人の桑田真澄さんが所属していた球団として有名ですよね。

 

そして、

 

中学時代では、ブラジルのサンパウロ州イビウナ市で行われた世界少年野球大会に出場。

この時に、

ゴリ丸
消えた天才でも放送されていた、前田健太さんとバッテリーを組んでいたんですよね。

しかも、

 

この時の橋本良平さんはキャッチャーで4番、まさにエースとして活躍されていたのだそうです。

 

また、

瓜破西中学3年の時に全国制覇を成し遂げ、高校は強豪校の智辯和歌山高校へ入学。

 

橋本良平さんの高校時代

 

<智辯和歌山高校時代の甲子園の映像はこちらです>

 

ゴリ丸
実力はすぐに認めれられ4番として活躍、まさに期待の新人。

 

そして、この高校時代では、

大会後に開催された日米親善野球では準決勝で敗れた駒大苫小牧の田中将大さんとバッテリーを組まれていたことで有名です。

 

つまり、橋本良平さんはメジャーリーグで活躍中の、

  • 前田健太さん
  • 田中将大

とバッテリーを組んでいた方なんですね。

 

この智辯和歌山高校時代の甲子園の映像は今もYoutubeで見ることができます。

ゴリ丸
橋本良平さんが最後の最後にホームラン!

そんな名シーンもある映像です。

 

そして、その後のプロ入りからはなかなか苦戦の日々だったわけんです。

 

橋本良平さんの阪神時代の苦戦の日々


二軍からなかなか一軍へ上がれない日々が続いてしまう、というわけなんです。

ゴリ丸
プロも世界は橋本良平さんの実力者でも厳しい正解だということを感じずにはいられないですよね。

 

2007年、二軍のウエスタン・リーグで30試合に出場したが、打撃面では打率.198、出塁率.207で、打席数の4分の1以上の三振を喫した。

2008年、二軍で23試合、捕手として22試合に出場し、7月6日の対中日ドラゴンズ戦では若竹竜士とバッテリーを組んで二軍戦ながらノーヒットノーラン達成に貢献した。打撃成績は前年を下回り、守備でもチームで1人だけ捕逸を記録するなど精彩を欠いた。

2009年、二軍で41試合、捕手として32試合と出場機会が増加した。打撃面では打率.200、出塁率.233と前年までより向上し、三振の割合も減少した。フェニックスリーグでは12試合に出場し、東野峻から2安打1打点を記録するなど32打数10安打の打率.313と好成績を残した。

2012年、二軍で打率.242、出塁率.307、長打率.266、OPS .573と打撃成績は改善が見られた。

 

このようにノーヒットノーランを達成したり、年々打率も伸びそろそろ1軍として活躍?

なんてころに、2013年に阪神タイガースを去ることになります。

 

ちなみに、橋本良平さんのその頃の年俸は、

500万円~600万円程度。まさにこれからという時の卒業というわけなんですね。残念。

 

橋本良平さんが阪神で戦力外通告を受けた真相


橋本良平さんが阪神から戦力外通告を受けてしまったことは、事実のようです。

 

気になるその理由は、

  1. 強打の捕手として期待されていた
  2. けれど、打率にムラがあり上手く成績を残せず
  3. 金属バットと木製バットの違い

消えた天才の番組の中でも語っておられましたが、

一番の理由は金属バットから木製バットへかわったことによる理由が大きくあるようです。

 

  • プロが使う木製バットは金属バットと比べて、スポットの領域がせまい

プロが使う木製バットの方がジャストミードさせるには領域が狭すぎて難しいんですよね。

ゴリ丸
この違いで悩むプロは沢山いるみたいなんです。知らなかった。

 

このように主に打率の面で中学や高校時代のように成績を残すことができなかったことが理由で、

まさかの戦力外通告を受けることになってしまったということなんです。

 

 

橋本良平さん|阪神の退団後はパナソニックへ


橋本良平さんは2014年に阪神を退団後、パナソニックへ正社員とし入社されます。

軟式野球部でプレーしていたのですが、2014年末に現役を引退されてしまいました。

2014年度より、パナソニックに正社員として入社し、硬式野球部に所属[2]。パナソニックでは、内野手登録となった。同年末、現役を引退することが発表された[3]。

 

そして、今現在は、

  • 産業廃棄物のトラックの手配業務

 

をしながら、ご家族と幸せそうに暮らしていることが番組内でも放送されていましたね。

 

橋本良平さんは結婚|奥さんは良奈(よしな)さん

 

橋本良平さんの奥さんは女優の武井咲さん似ともいわれている方で、良奈(よしな)さんというそうです。

 

どうやら、智弁和歌山を卒業した後に知り合いゴールにいたったみたいです。

婚姻届は2013年に提出、そこから二人のお子さんに恵まれて幸せな家庭生活を送られているようですね。

 

厳しいプロ野球の世界、

日の目をみる人がいる反面、こうしてなかなか結果がでずに輝けなかったとの言える橋本良平さんの野球人生。

でも、

これがいけないということではありませんよね。

 

橋本良平さんがいたから、今の前田健太さんもある。きっと前田さんもそんなふうに思っているはずです。

 

夢を追いかけ続けた、橋本良平さんにエールを送りたいと思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事をブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

-話題と雑記

Copyright© アレラボ , 2020 All Rights Reserved.