働き方改革

2019年4月【有休が義務化】サルでもわかる簡単解説と注意点1つ

更新日:

 

働き方改革の成立で労働基準法が変更。

いよいよ2019年4月から日本では有休の義務化がはじまります!

 

ゴリ丸
えっ!有休が義務化?

どういうこと?
何が変わるの?
注意点とかあるの?

こんな疑問を解決していきますね。

 

もちろん有休がとれるようになるんですが、ちょっと会社によっては要注意が必要そうなんです。

 

音声と動画で流し読み!

チャンネル登録こちら知らなきゃ情報発信中

2019年4月【有休が義務化】サルでもわかる簡単解説と注意点1つ

 

そうなんです。結論からいうとこちら。

【有休が義務化】サルでもわかる簡単解説と注意点1つ

今回の労働基準法の変更で、

  • 最低でも年間5日間の有休を義務化
  • 取得する時期は労働者を尊重する

 

 

そうなんです、まずは5日間の有休をちゃんととらないといけなくなるってことです。

ゴリ丸
これは嬉しいですよね。有休をちゃんととれていなかった人、結構多いと思うんです。

 

なぜなら、こちら、

 

世界と比較|日本の有休の取得状況

 

【有休が義務化】サルでもわかる簡単解説と注意点1つ

出典:エクスペディア

 

ゴリ丸
日本人の有休取得状況は世界とくらべいつも最下位

 

日本人はもう働き過ぎ、しかも有休消化率が50%。これは有休をまったくとれていない人が結構いるってことですよね。

 

実は、

この日本の現状があり今回の籠城基準法の変更をすすめるのが背景にあったんです。

 

ゴリ丸
一向に有休消化が進まないから、ルール化したんですよね。

 

ゴリ丸
でも、ホントに5日とれるようになるの?

 

そこが心配ですよね、実はこのルールを破ると会社には罰則があたえられます。

 

会社が5日の有休を社員にあたえなかった場合

 

【有休が義務化】サルでもわかる簡単解説と注意点1つ

  1. 6ヵ月以下の懲役
  2. 30万円以下の罰金

 

法律ですからね、ちゃんと罰則もあります。

なので、

今回の労働基準法の変更は、基本的には会社は体制を整えて義務をはたしていくことになりますね。

 

  1. 管理体制
  2. 有休の運用方法

 

 

でも、ここからがちょっと注意点。

ゴリ丸
本当にすんなり、全ての会社がルールどおりに変更していくかね?

 

そうなんです、

日本全国、会社のルールや状況はそれぞれです。中には、

  • いやいや!このルール変更はマズイ!
  • 会社がまわらないよ!
  • 仕事がたまってぜんぜん休めない!現実

 

そうなんです、労働者も経営者もこの変更は簡単に対応できないところも出てくるかもしれません。

 

なので、

 

抜け道を探す会社と経営者|有休5日から逃れるために

 

【有休が義務化】サルでもわかる簡単解説と注意点1つ

そうです。

今回の有休休暇の義務化のノルマをクリアして、罰則を回避する抜け穴を狙う会社が出てくるかもしれないんです。

つまり、

  1. 年末年始の休暇を有休に
  2. 夏季休暇を有休に
  3. 祝日を出勤日にして有休に

 

まず最初に考えられるのは、このように会社の規定を変更することによって、

  • 今まで休日だった日を有休として社員にとらせる方法

 

そんな方法が考えられるわけなんです。

 

ゴリ丸
これやられたら、社員・労働者は何も太刀打ちできませんよね。泣

 

これ以外にも、法をかいくぐった方法がでてくるかもしれません。

なので、まずは、

【有休が義務化】サルでもわかる簡単解説と注意点1つ

労働者側は会社のこんな動きをチェック&ウォッチして損はありませんよね。

 

もちろん、全部が全部こんな悪だくみを考えている訳ではないですが、

ゴリ丸
こういった有休の義務化など大きな変更の後は、何かしらいつもでてくるものですよね。

 

そしてそして!

もし万が一、会社側の規定変更など不穏な動きがみられた場合には、こうです。

 

有休の義務化で会社が不正をしたら刑事罰

 

【有休が義務化】サルでもわかる簡単解説と注意点1つ

ゴリ丸
逮捕です。

 

そうなんです、今回の有休の義務化にあわせて仮に、

  • 会社側の都合で会社の規定変更を実施した場合は罪

つまり、

  • 労働契約は必要性や合理性が明確でなければ変更できない

 

ということ。

会社が有休のノルマを消化するためだけに、労働契約を変更した場合には刑事罰を受けるリスクがあります。

 

しかも!

【有休が義務化】サルでもわかる簡単解説と注意点1つ

もし、この不正が発覚した時にはかかえている全社員に対して罰則がかせられるんです。

ゴリ丸
社員数×罰金。というわけですね。

 

そうです、有休の取得は権利ですからね。

 

今まで、ちゃんと有休がとれなかった方々、それを黙認してきた会社。これは良くないですよね。

【有休が義務化】サルでもわかる簡単解説と注意点1つ

有休は権利ですから、こんな顔で堂々ととっていいはずなんです。

 

でも、分かります。現実はなかなか簡単ではない、

 

こんな有休管理の会社は要注意

 

【有休が義務化】サルでもわかる簡単解説と注意点1つ

  1. 有休が取りにくい雰囲気
  2. そもそも有休とらせてくれない
  3. 激務でホントにとれない
  4. 有休とると次の日は地獄

 

なかなか難しいと思います、

だからこそ、

  • 有休を会社に影響なくとるために、体制も考え直さなければいけない

ですよね、そのために会社側や経営者は、

そもそもの人材不足、生産性の向上、他の視点からも今回の義務化を受け入れ対策をしていかなくてはならない。

 

それが、

労働基準法の変更。そして有休の義務化。

ってことなんですよね。

 

もう一度出します。

【有休が義務化】サルでもわかる簡単解説と注意点1つ

 

日本人は働き過ぎです。

  1. ブラジルの三分の一
  2. しかも
  3. 有休消化率は半分

ですからね。権利も行使できていないし、そもそも休みが少ない。

 

当サイトでもこの働き方の変化と病気についてはさんざん述べてきました。

308
消費税10%「マイナンバー新ポイント還元制度」不穏な仕組み(2020年)

続きを見る

パニック障害の体験談
【パニック障害の体験談】薬は飲まない!会社員で子持ち夫の全記録【随時更新中】

続きを見る

 

アレルギーの増加、精神疾患の増加など極度の働き過ぎは広く日本に負債をつくってしまってますし、何よりも大変なのは労働者ですから。

 

まずは、労働者ファースト。

 

2019年4月の有休の義務化以降、全ての会社が労働者の環境づくりのために動かれることを願っております。

 

ということで、結論を繰り返し終わりにさせていただきます。

 

【有休が義務化】サルでもわかる簡単解説と注意点1つ

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事をブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

-働き方改革

Copyright© アレラボ , 2019 All Rights Reserved.