働き方改革

【走行税とは?】荒れる1000km/5000円をかんたん解説(2019年)

更新日:

【走行税とは?】荒れる1000km/5000円をかんたん解説(2019年)

 

みなさん、こんにちは。ドンちゃんです。

 

車の税金の新制度、

ドンちゃん
走った分だけ税金が徴収される走行税が導入されそうな雰囲気なんですよね。

 

その理由は明確で、

  1. ガソリンが使われなくなってきている
  2. 海外で走行税の導入が進んでいる

 

これまではガソリン代の約50%にガソリン税(揮発油税)がとられていましたが、

こちらのとおり、

【走行税とは?】荒れる1000km/5000円をかんたん解説(2019年)

  • EV(電気自動車)の発展と普及
  • 1台の車をシェアするカーシェアリング
ドンちゃん
若者の車離れは既に叫ばれている中、

 

自動者のイノベーションとスタイルの変化で、ガソリンはどんどん使われなくなっていますよね。

だから、

  • 国や政府としては、ガソリンから税金とれない。。
  • ヤバイなぁ

 

なんていう状況は容易に想像がつきます。

実際に、

これまでのガソリン税に代わる税収制度が検討されはじめ、今もっとも濃厚なのがこの走行税なんですよね。

 

しかも、

電気自動車やカーシェアリングは全世界で同時にはじまっている車のイノベーション、この税収制度は世界の課題となっているんです。

 

ドンちゃん
しかも、僕のような週末のちょい乗り族からも税金が徴収されることになる?なんていう予想もたててみました。

 

世界で導入されている走行税の例もみつつ、簡単にこの走行税を解説していきますね。

 

音声と動画で流し読み!

チャンネル登録こちら知らなきゃ情報発信中

【走行税とは?】荒れる1000km/5000円をかんたん解説(2019年)

 

いきなりですが、

この走行税をいち早く導入したのはニュージーランド。

  • 1000km で 5000円の税金を徴収しているそうです

 

ドンちゃん
どうやって走行距離をはかっているのか?それは、

 

【走行税とは?】荒れる1000km/5000円をかんたん解説(2019年)

 

このように、タイヤに計測器を取り付けて走行距離をはかっているんです。

ドンちゃん
以外に原始的w でもこれだと手間も人手もかかりそうですよね。

 

なので、

アメリカやドイツ、そして日本もこの測定法を検討しているわけなんです。

それが、

 

走行税は衛星をつかってGPSで計測する!?

【走行税とは?】荒れる1000km/5000円をかんたん解説(2019年)

 

プライバシーの問題などいろいろと課題はありそうですが、

衛星とGPSを使った測定法は手間なく計測ができてしまいそうですよね。

 

そして肝心の税金制度の内容ですが、

ドンちゃん
2019年5月現在、まだ日本での詳細は決まってはいません。が、

さきほどのニュージーランドの例をみてみましょう。

 

走行税を導入しているニュージーランドの例

【走行税とは?】荒れる1000km/5000円をかんたん解説(2019年)

 

こちらです。

単純に走行距離が1000kmを超えたら、5000円を徴収するという内容なんです。

でもこれ、

  • 車をよく使う人には、とても不平不満がありそう!

 

さらにこちら、

 

走行税の問題と課題

 

【走行税とは?】荒れる1000km/5000円をかんたん解説(2019年)

 

ずばり、公共の交通機関が少ない地域やエリアで、車が必須の人たち。

そして、

トラックやタクシーなどの業界、まさに車を多く使っている人たちの税収の負担が増加するというわけ。

 

ドンちゃん
このルールだと、かなり不平不満が出て日本ではきまらなさそうですよね。

 

なのでこんなことも推測できそうですよね。

(個人的な推測ですが、)

 

【走行税とは?】荒れる1000km/5000円をかんたん解説(2019年)

 

こちら、

  • 僕のような週末ちょい乗りからも税を徴収して、
  • 1000kmはボリュームディスカウントで減税
  • 全体のバランスをとって、納得を得る

なんていう、推測です。

そうですか?なんだかありえそうですよね。

 

でも最低でもこんなふうにしないと、

不平不満が暴発しそうな気がするのはぼくだけでしょうか?

 

ドンちゃん
もちろんちょい乗りは見逃してほしい気持ちもありますが、誰かに偏るのも忍びないですね。。

 

冒頭にもあげましたが、

今、世界ではガソリンがどんどん使われなくなり、国の維持費としてガソリン税がとりにくくなった今、

各国の政府はその代わりの制度の必死です。

 

着々と進められている世界の走行税

実際に導入しはじめている国もあり、そして先進国は既に検討を進めています。

【走行税とは?】荒れる1000km/5000円をかんたん解説(2019年)

 

ドンちゃん
なので、この走行税。日本でも導入されてしまいそうではないでしょうか。

 

こうなると、

いよいよ若者の車離れは促進して、

さらに、

  • 車を作るメーカー
  • そしてその下請けの企業

経済もしかり、その企業も結構苦しい状況をしいられてしまうかもしれません。

 

そして、

走行税の未来

数十年後、すべて電気自動車に入れ替わったら、その時は、

  • 電気に税がかけられる

そんなふうになるかもしれませんね。

 

この走行税、みなさんはどう思われますか?

 

はやくて、今年2019年の冬頃にこの走行税については政府で具体的に議論がはじまり進んでいくかもしれないとのことです。

 

ということで、今回は走行税の話題でした。

 

この記事をブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

-働き方改革

Copyright© アレラボ , 2019 All Rights Reserved.