自律神経は資産

【耳鳴り】タイプ別の原因と改善ポイントまとめ|キーン?ボー?どっち?

投稿日:

 

みなさんはどのタイプの耳鳴りですか?

 

  • 耳鳴りをなんとかしたい!
  • 耳鳴り、ホント、ストレス!
  • 耳鳴りの改善法ってあるの?

僕も約2年間ほど、この耳鳴りに悩まされてきました。

 

【耳鳴り】タイプ別の原因と改善ポイントまとめ|キーン?ボー?どっち?

今回は、
複数ある耳鳴りのタイプの解説や、タイプ別の改善のポイント

そして、

命に関わる耳鳴りのことを参考までにまとめていきたいと思います!

 

音声と動画で流し読み!

チャンネル登録こちら知らなきゃ情報発信中

【耳鳴り】タイプ別の原因と改善ポイントまとめ|キーン?ボー?どっち?

 

ちなみに、僕の耳鳴りのタイプは

自覚的耳鳴りの中の自律神経からくるものという結論になりました。

改善法は自律神経を整えることで、今ではほぼ耳鳴りが消えました。

 

では大事なポイントからまいりましょう!

 

耳鳴りの2つの種類

【耳鳴り】タイプ別の原因と改善ポイントまとめ|キーン?ボー?どっち?

まずは耳鳴りの種類があること、皆さんはご存知でしたか?

 

耳鳴りはこのように、大きく2つ、

  1. 他覚的耳鳴りと
  2. 自覚的耳鳴り

に分けることができるんです。

 

この2つを簡単に説明すると、

他覚的耳鳴りは、自分以外の他の人も聞くことができる耳鳴りのことなんです。

 

例えば、

お医者さんなどが聴診器などで聞くことができる、ってことですね。

 

自覚的耳鳴りの方は、もうお分かりですね。自分しか聞くことができない耳鳴りのことです。

 

ちなみに、
耳鳴りのほとんどは後者の自覚的耳鳴りが多いと言われているんです。

 

2つの音で見極める耳鳴り

【耳鳴り】タイプ別の原因と改善ポイントまとめ|キーン?ボー?どっち?

 

さらに、
この二つの耳鳴りの聞こえ方にも特徴があります。

他覚的耳鳴りは、ドクドク、コツコツなど一定のリズムを打っているのに対して、自覚的耳鳴りは、キーン、ボー、ジーンなどリズムを刻んでいないのが特徴です。

 

僕は、自覚的耳鳴りだったので、ボーと自分の声も反響するような耳鳴りが特徴でした。

 

【耳鳴り】タイプ別の原因と改善ポイントまとめ|キーン?ボー?どっち?

 

では次に、
なぜ他覚的耳鳴りはドクドク、コツコツと一定のリズムを刻んでいるように聞こえるのでしょうか。

 

それは、
耳の近くの血管が関係していると言われているからなんです。

 

つまり、血管異常や血液のとおりが悪くなっていたり、動脈瘤や腫瘍が原因で、耳の神経(聴神経)を圧迫して
他覚的耳鳴りが発症しているということです。

 

なので、
先ほどのドクドク、コツコツなど一定のリズムを刻んでいる音は、血管の脈が関わっているということです。

 

なので、お医者さんに診てもらった後は、

高血圧、運動不足を解消しつつ、お酢や梅干し、青魚に含まれるDHAをとるなど、

血管をつよめて、ドロドロ血をサラサラ血にする食べ物を積極的にとることが大きな改善と予防策と言われています。

【耳鳴り】タイプ別の原因と改善ポイントまとめ|キーン?ボー?どっち?

 

自覚的耳鳴り

【耳鳴り】タイプ別の原因と改善ポイントまとめ|キーン?ボー?どっち?

 

そして、
ほとんどの耳鳴りがこのタイプと言われている自覚的耳鳴り。

 

自覚的耳鳴りは、

  • 特定の病気
  • 難聴
  • 自律神経の乱れ

これらに分けることができます。

特定の病気というのは主に、メニエール病、中耳炎、脳梗塞や脳出血の可能性もあるということです。

いうまでもなく、

脳梗塞、脳出血などは命に関わる耳鳴りになるため、心配な人は検査をしてみるのがよいでしょう。

 

難聴

【耳鳴り】タイプ別の原因と改善ポイントまとめ|キーン?ボー?どっち?

 

次に難聴です。

人は耳が聞こえずらくなると、耳が音の感度を上げようと、実際に音が出てないのに無理に聞き取ってしまおうとしてキーンという耳鳴りが発生するというふうにも言われています。

これが難聴からくる耳鳴りですね。

難聴の場合は、やはり補聴器が耳のストレスの軽減につながり、最善の改善策と言われています。

 

自律神経からくる耳鳴り

【耳鳴り】タイプ別の原因と改善ポイントまとめ|キーン?ボー?どっち?

 

最後に
僕もそうだった、自律神経の乱れからくる耳鳴り。

 

自律神経は全身の器官をコントロールしています。

この自律神経が乱れると、神経の伝達が上手くいかなくなります。

これが耳の神経にも悪影響を及ぼした場合に耳鳴りを起こすと言われています。

僕の場合は特に、

仕事で疲れた夕方など、ストレスに応じて耳鳴りが不定期に発症することが多かったんです。

 

自律神経の改善法はいろいろありますが、
まずは、栄養、運動、睡眠を基本に生活習慣を整えること、耳にタコができそうですがこれが大きな改善策になりました。

 

このように、
耳鳴りと一言でいっても、他覚的耳鳴りや自覚的耳鳴り、軽度なものから、重度につながる可能性がある耳鳴りまでタイプがあったんですね。

 

ストレスや時間に追われる現代社会。
耳鳴りに悩まされている人はまずは検査をして、
無理をせず、ご自身の身体をいたわる時間をつくってみてくださいね。

ということで、耳鳴りのかんたん解説でした。

 

この記事をブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

-自律神経は資産

Copyright© アレラボ , 2019 All Rights Reserved.