腸内フローラ

悪玉菌とはなに?【強力な毒素が極悪すぎる】でも退治方法は簡単

2018年12月27日

悪玉菌とはなにか?

悪玉菌(あくだまきん)おならの臭いから肌荒れアレルギー、そしてガンにまでかかわってくる決して放っておけない曲者(くせもの)なんです。

 

ゴリ丸
でも、そもそも悪玉菌とはなんだっけ?

今日は曲者の悪玉菌の正体についてせまってみましょう。

 

 

悪玉菌とはなに?【強力な毒素が極悪すぎる】でも退治方法は簡単

 

悪玉菌の正体は全てバレています。そして悪玉菌の出す毒素がなかなか強烈なものだったんです。

 

悪玉菌とは腸内に潜む菌(きん)

  • ウェルシュ菌
  • ブドウ菌
  • 大腸菌
ゴリ丸
代表的な悪玉菌はこの3つの菌なんです。

悪玉菌の代表的な菌はフェルシュ菌、ブドウ菌、大腸菌の3つです。これらの悪玉菌は腸内のタンパク質を腐敗させて有害物質をつくるやつなんです。この有害物質が腸内の腐敗や肌荒れ、アレルギー、発がんの原因になるやっかいやものなんです。この悪玉菌を減らす具体的な方法は以下の記事にまとめていますので参考にしていってください。

悪玉菌を減らす飲み物
悪玉菌を減らす飲み物【失敗しない順番も解説】神12選

続きを見る

 

 

悪玉菌が出し続ける毒素とは?

 

ゴリ丸
これらが強力な毒素です。
  • アンモニア・・・臭い、アレルギー
  • インドール・・・臭い、アレルギー
  • 硫化水素・・・臭い、アレルギー
  • 胆汁酸・・・発がん
  • アミン・・・発がん

このように悪玉菌は毒性の強い分泌物を出して体にダメージを与え続けます。アンモニアは便のにおいや血液中に入ると肌荒れやアレルギーの原因になることが分かっていたり、胆汁酸やアミンは発がん性物質になることで知られています。

ゴリ丸
これらの毒素が血液中にまわってしまうことで、アレルギーや肌荒れにもなってしまうんですよね。そしておならも臭くなる泣
おならが良く出て臭い
【おなら】がよく出て臭い時は【悪玉菌を減らせば】かんたん解決

続きを見る

 

 

悪玉菌が増殖するためのエサとは?

ではどうして悪玉菌が増えてしまうのでしょうか?それはお肉などに豊富に入っているタンパク質をエサにして増殖してしまうんです。他にも悪玉菌が増える原因の主なものは、

 

悪玉菌が増える理由

  1. タンパク質の食べ過ぎ
  2. ストレス
  3. 加齢
  4. 抗生物質などの薬

先ほどのタンパク質以外にも、ストレスが大きな原因になっています。それはストレスを感じると腸内の働きが弱くなってタンパク質を上手く消化できず悪玉菌に多くのエサを与えてしまう事になるからなんです。

ゴリ丸
甘いものの食べ過ぎも腸内を悪化させて結果的に悪玉菌が増えてしまうんです。

 

 

悪玉菌の増殖をおさえてくれるのが善玉菌

もちろんそうではありません、ここで登場するのが乳酸菌やビフィズス菌に代表される善玉菌です。この善玉菌が日々増殖する悪玉菌を退治してくれているんです。

乳酸菌とビフィズス菌の違い
乳酸菌とビフィズス菌の違い【図解で比較】ビフィズス菌をとるべし!

続きを見る

乳酸菌のとりすぎで下痢
乳酸菌のとりすぎによる罠(ワナ)【4つを解説】下痢にもなる理由

続きを見る

 

 

絶対に悪玉菌を優位にしてはいけない理由|それは日和見菌がカギだった

 

ここで特殊は動きをする日和見菌(ひよりみきん)についてきちんと理解する必要があります。

 

腸内菌の種類善玉菌日和見菌悪玉菌
体には良い菌どちらでもない菌悪い菌
体の中の割合20%70%10%
特徴ヨーグルトを食べると増える善か悪かに変化する肉などを食べると増える
代表的な菌乳酸菌、ビフィズス菌バクテロイデス、大腸菌(無毒)、連鎖球菌ウェルシュ、ブドウ、大腸菌(有毒)
増えるためのエサオリゴ糖、食物繊維タンパク質、糖質

このように日和見菌は普段は良くも悪くもない菌ですが、

  • 善玉菌が増える善玉菌の働きをする
  • 悪玉菌が増える悪玉菌の働きをする

という環境に応じて働きを変えてくるなかなかトリッキーなやつなんです。

つまり、前向きに考えると、

  • 善玉菌を増やせば、善玉菌になってくれる!

 

逆に悪い方に考えると、

注意ポイント

悪玉菌が増えると日和見菌の働きで更に体の毒素が増えてしまう!

 

ゴリ丸
悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす重要なポイントはこの日和見菌を仲間にすることがポイントなんです。

 

結論は

善玉菌を効率的に摂り続けることで、日和見菌が善玉菌の働きをして、悪玉菌を減らすことができる!

ということがとっても重要なポイントでもあり、悪玉菌を過剰に増やさない結論になるわけなんです。

 

 

 

悪玉菌は加齢で減ってしまう。だからこそ悪玉菌のケアが必要

★グラフ

このように善玉菌と悪玉菌は赤ちゃんが母乳を飲んだ時が起源です。赤ちゃんの腸内はビフィズス菌優位になっているためにおいも臭くない。けれど年齢を重ねてくるとこのように、ビフィズス菌が減少、悪玉菌が大きく増加してきてしまうんです。

 

ゴリ丸
年齢を重ねていくにつれて、腸活が必要になるってことなんですよね。

 

 

ストレス、食べ物、そして加齢で減っていく善玉菌。そして増えていく悪玉菌。

ゴリ丸
そういえば、父親の後のトイレはイヤでしたねw

 

腸内環境を正すことそれは健康を維持するためにインパクトある強力な健康法なんです。そしてこれからますます腸活は注目されて、健康法の中心になるのではないか?

そんなふうに感じるのは僕だけでしょうか。その効果をみても時間の問題だな、なんて思っています。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事をブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

-腸内フローラ

Copyright© アレラボ , 2020 All Rights Reserved.